スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世紀の天体ショー「金環日食」

太陽と月が重なって、リング上に輝く金環日食
5月21日の朝、これだけ広範囲で観測できるのは平安時代以来、932年ぶりなんだそうです。
金環日食が観れる範囲

国立天文台のページなどでより詳しく知ることができます。

ところで観測方法に関して、日本天文学会が注意を呼びかけています。
NHKニュースおはよう日本
金環日食


「日食網膜症」と言って、太陽を直接見ることで光が網膜を傷つけ、視力が低下してしまう危険があるそうです。
網膜に傷がついてしまうと、
 ・視野の真ん中に影が見える
 ・物が歪んで見える
といったことが懸念されます。

正しい観測方法として、日食メガネの利用が薦められています。
このメガネは、10万分の1~100万分の1に減光してくれるフィルターです。
また、着用しても、長時間連続しての観測は避けてくださいとのことです。

事前に買っておこうと思ってAmazon見てたら、
天体望遠鏡などで有名な、あのビクセンとコラボした日食メガネがありますね!


今回の世紀の天体ショー、
北アルプス山頂の雲の上から観ようか、
中心食線に近い、静岡あたりまでキャンプに行こうか、
ワクワクしながら計画中です♪



 
 

tag : 金環日食 日食メガネ

コメント

Secret

プロフィール

あるくま

Author:あるくま

修理、裏技、DIY、家庭菜園など、お金を節約できた経験談、失敗談wをお話ししてます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

Bonin blue and azure
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。