スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

配偶者が退職したら、確定申告忘れずに

昨年6月、うちの奥チャマ(配偶者)が退職し、私の扶養(第3号)に入りました。
たまたま義援金の確定申告したときに、いろいろ知っ得情報が判明したので、シェアします~

奥チャマのケース:
6月退職時点での給与所得は、103万円を超えるため、扶養控除は受けられませんでした。
彼女は自己都合退職に当たるので、失業保険給付は、3ヶ月の給付制限期間を経て、その後3ヶ月間給付されました。
配偶者(私)は、サラリーマンで、会社の健康保険に入っています。

扶養に入れる期間
     ※基本手当日額が3,561円以下(60歳以上は4,931円以下)
 
 
ポイント①「給付制限期間中も扶養に入れます」
失業保険給付期間中は、お金がもらえるので、扶養に入れません。
そのため、なんとなく給付が終わってからじゃないと扶養に入れないように思いますが、実は退職直後から給付が始まる、給付制限期間中も配偶者の扶養に入れるんです。

扶養に入れば、この3ヶ月間分の、国民年金と健康保険が免除されます。
退職したら即刻扶養に入れるよう、配偶者の会社に申請してくださいね。
 
 
ポイント②「社会保険料控除の申請を忘れずに!」
給付制限期間が経ち、実際にお金がもらえる給付期間中は、扶養から外れなければなりません。
当然この間、また国民年金と、国民健康保険を支払うことになります。

この期間の保険料の控除申請、忘れてませんか?

会社に在籍してたときは、こういう類の申請は年末調整として、会社が行なってくれていましたが、
退社した今、これは自分で行わなければ、還付を逃しますよ~
 
 
ポイント③「退職後の社会保険料は、配偶者の確定申告で控除申請する」
奥チャマは退職後なので、保険料の支払いは、私の所得から出たものとみなすことができます。
奥チャマの昨年の所得収入は、195万円以下だったので、所得税率が5%となります。
一方、私の所得税率は10%以上だったので、私の社会保険料控除で申請したほうが、税率差分だけ、還付額が大きくなります

家を所有しない賃貸に住むサラリーマンにとって、あまり縁のない確定申告ですが、実はいろいろ知っておけば得する情報があるもんですね~。

以上、確定申告番外編でした。
 
 
今回の難易度:★★★☆☆
   節約度:★★★★☆
 
 

 
 

コメント

Secret

プロフィール

あるくま

Author:あるくま

修理、裏技、DIY、家庭菜園など、お金を節約できた経験談、失敗談wをお話ししてます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

Bonin blue and azure
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。