スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被害事故は自分で弁護

先日、車ブツけられまして。。

国道からコンビニへ入るとき、おじいちゃんが駐車場内で
切り返しによる方向転換をしていたので、終わるのを
完全停車して待っていたら、
バックでこちらに向かってくるではありませんか!

こちらも後ろは国道、逃げるに逃げられず、
ホーンをずーっと鳴らして警告するも、
そのまま右前フェンダーに、追突!

ヘコんだ右前フェンダー

僕は、
 ・完全停車していた
 ・逃げようがなかった
 ・ホーンで警告した
という状況であり、警察との現場検証の時も、
おじいちゃんは、
 ・バックミラーを見なかった(!)
という非を認め、謝罪してくれたので、
100:0で保険使って修理してくれるものと思っていました。

ところが。。。

翌日、自分の自動車保険の担当より電話があり、
相手の保険屋さんと話し合いをしているが、相手のおじいちゃんは、
僕もブツけてきたんだ、と主張している、
何割かはこちらの過失になるだろうとのこと。

バカ言ってんじゃないよ~

自分の保険屋さんに詳しくこちらの言い分を説明、
100:0のはずだから、先方と交渉するようお願いするも、
それはできないんだそうです。

保険屋 対 保険屋

では、必ずお互い何割かずつ負担するそうです。
過失がないといいう主張を代行することは、「非弁行為」といい、
保険屋さんには、法律上許されないそうです。

ちなみに、現場検証した警察も、物損事故の場合は、
状況を書き留めるだけで、写真撮ったりなんてしないし、
どちらに非があるか?なーんて調査はは、一切しません(できません)。

つまり、過失なしの主張をするためには、自分個人で
対峙しなければならないと。。
反対に、加害者側の保険屋は、負担軽減のための交渉に立つことは可能です。
よって、対決構図は、

被害者(個人) 対 保険屋

なんという、非力で、不利な。。
ブツけられた被害者なのに。。

といって泣き寝入りするわけにもいかず、
相手の保険屋さんと直接対決。

最初はいろいろ言われたけど、
状況説明し、車体についたキズの状況証拠から、
自分の車が完全停車していたことを証明し(これが大きかった!)、
なんとか100:0で非が無いことを理解してもらい、
修理代を全額出してもらえることになりました~

教訓:
完全被害者の時の、自分の保険屋は、役立たずですw
警察も助けてくれません。
慎重に慎重を重ねた運転を、しかし、どんなに気を付けても、
ブツけられることはあります。
そんな時は冷静に、写真撮るなど、状況証拠を取っておくことを
オススメします。

自分の身は自分で守る。

でも、自分にちょっとでも非が生じた場合、自分のために勇猛果敢に戦ってくれるのは、やっぱり保険屋さんです。
安いだけじゃない、サポート充実した保険屋さんを探してみてください。




 
 

コメント

Secret

プロフィール

あるくま

Author:あるくま

修理、裏技、DIY、家庭菜園など、お金を節約できた経験談、失敗談wをお話ししてます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

Bonin blue and azure
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。