スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

収穫がはじまりました

まだ梅雨明け宣言がされていない安曇野ですが、
今は中休みでしょうか?
ここ数日、快晴が続いています。

この機に、玉ねぎ、ニンニクを掘り起こし、
そのまま2~3日、天日に当て干します。
日持ちするようになるそうです。
玉ねぎ
 
ニンニク

玉ねぎですが、ラップして塩コショウを少々振って、レンジにかけると、
まるでフルーツのように甘くなり、美味!

ニンニクは瓶に入れ、オリーブオイルに、
または、きざんで醤油に漬けておくと、
日持ちする上、すぐお料理に使えてとても便利。

他には、ズッキーニが最盛期、
サニーレタスや、
夏野菜の代表、きゅうりも採れ始めました。
サニーレタス
 
きゅうり

いよいよ夏を近くに感じる、安曇野でした。
 
 



 
 
スポンサーサイト

バックカメラ

安曇野の道路・交通事情ですが、正直あまり良くありません。

田舎道で幅が狭く、視界が悪い。
なのに、道路際にのぼり旗なんか立てるから、なお見えない。
視界の悪い道路

あと、蓋のない側溝や農業用水路、突然飛び出してくる車(これ一番多い)、
いたるところにトラップあり。
先日も、後方未確認の車にブツけられたばかり。。

そして、忘れてはならないのが「松本走り」
勝手な現地ローカルルールで、はっきり言って道路交通法違反のレベル(怒)。

交通量の割に、渋滞や事故が多いのではないでしょうか。
もうすぐ夏休みや、お盆ですが、
車で遊びに来られる方は、ぜひ余裕を持った安全運転で、楽しいご旅行を。


さて、本題。
そんな訳で、視界は広く見えたほうが良いと思い、車にバックカメラを取り付けることにしました。

元々持っていたPanasonicのポータブルナビ「Gorillaゴリラ 7v型」に、
純正リアビューカメラと、
純正より割安かつ接続簡単(ブレーキへの接続手間が省ける)なバックカメラアダプターを購入。

カメラ取り付け位置は、リアスポイラーのストップランプ横に決めました。
ストップランプの横

配線は見えるとカッコ悪いので、極力見えないように隠して這わせることに。
配線経路は、ストップランプ→リアスポ→車内へ。
配線経路

一箇所だけ残念なのが、カメラケーブルのコネクタが大きくて、防水ゴムホースを通せませんでした。
防水ゴムホースを通せない

パッキン浮かせて無理やり通し、開いた隙間をコーキング。汗)
開いた隙間をコーキング

車内も内張りはがして、その下に配線を隠しながら前へ。
カメラのコントロールユニットを、途中、運転席のシートベルトが取り付けられている柱の中に押し込んで隠しました。
バックと連動してカメラが映るように、リバース信号を電源として、運転席下のサービスコネクタから取ってきます。
サービスコネクタ

コネクタの信号は以下のとおり。

1. バッテリー(青/赤)
2. アクセサリー(黄/赤)
3. イグニション(緑/白)
4. イルミネーション(紫)
5. 車速(緑/黒)
6. リバース(バック)信号(茶/黄)
7. アース(黒)
8. サイド(パーキング)ブレーキ(黄緑)

アースは適当に、車のボディー(金属部分)に接続。
最後に、バックカメラアダプターで、カーナビとカメラコントロールユニットの間をつなげれば完成!
バックカメラアダプター

ここまで丸一日作業。
内張りはがしての配線がキツかった。。
手には多くの擦り傷が残りました。
バックカメラ

ゴリラは映像にガイドラインを出力できるのですが、思いの外便利です!
バックカメラ
 
 
今回の難易度:★★★☆☆
   経験値:priceless
 
 
 

花が咲き始めました

ここ数日雨が降り、安曇野も梅雨入りしたようです。

畑の野菜にとっては恵みの雨、
一気に背や枝葉を伸ばし、花が咲き始めました。

じゃがいも(きたあかり)の花。
かわいいですが、いっとき鑑賞したら、摘み取ってしまいます。
これも、美味しく、大きなじゃがいもに養分を蓄えるため。
きたあかりの花

きゅうりの花。
こちらも、より大きく元気に、枝葉が広がるよう、
5節目までの脇芽と、苗の高さ1mになるまで花を摘み取ります。
きゅうりの花

ズッキーニの花。
雄花から、おしべを取って、
雌花のめしべに花粉を付けると、確実に受粉して大きな実になります。
ズッキーニの受粉

かぼちゃの花。
こちらも、もう少し大きくなったら、摘心や受粉をしてあげます。
かぼちゃの花

マリーゴールド。
トマトや、ナスのそばに植えています。
コンパニオンプランツとして、害虫から守ってくれます。
マリーゴールド

より元気に、大きく、美味しく育ってもらうために、
少しの手間と愛情をかけます。
 
 

ルーフボックス

最近、車中泊に憧れて、
車で気軽にいろんなところ旅できたらなぁ~と妄想中。

しかし、車は普段の生活にも必要なので、大掛かりな改修はパス。
使用頻度の低いものに、ルーフテントのような高額な仕掛けもパス。

という訳でシンプルに、
 ・車内をフラットに、寝れる環境を構築
 ・車内に荷物が置けなくなるので、ルーフボックスを設置
ということになりました。

ルーフボックスも意外と値段するのね~とネットを物色中、
スクラッチ傷アリだが、格安品が近くの中古パーツ店にあることを発見。
TERZOのエアロクロスライダー185が、なんと1万5千円。

善は急げ、早速見せてもらいに店に赴いたのですが、フタが開かない。。
店員のお兄ちゃんたちが、必死にカギを回そうとするも、どうにも動かず...
しまいにキーシリンダーごとポロッと取れて、お手上げ。

でも、なんとなく自分で直せる変な自信があったので、
ノークレームノーリターンを条件に、9,000円で売ってもらいました!

ネットで調べ、カギの構造を勉強した上で、
自力でこじ開け、ヒンジ各所にKURE 5-56吹付け、無事復活。
中にはなんと、ベースキャリアが入ってました。
天井の大きなスクラッチも、コンパウンドで磨いてこの通り。
超お買い得でしたー♪
ルーフボックス

ルーフボックスを装着

ボックス内は、荷物が動いたり、ダメージを受けないよう、
純正インナーマットと、タイダウンベルトを別途ネット注文。
ルーフボックス内

インナーマットって、自分でサイズに合わせて切らなきゃならないのね。
こんなのだったらホームセンターで安いウレタンマット買って自作すれば良かったな。
まぁ、浮いたお金で全然買えたので、気にしない~♪
 
今回の難易度:★☆☆☆☆
   節約度:★★★★★
 
 

 
 
プロフィール

あるくま

Author:あるくま

修理、裏技、DIY、家庭菜園など、お金を節約できた経験談、失敗談wをお話ししてます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

Bonin blue and azure
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。